2013年8月30日金曜日

彼女の肖像vol.3~顔のない女 02


それでも。
生きると決めたあの日以来、彼女の、「生きよう」という力は衰えることはなく。彼女の口癖は「ふたりおばあちゃんになったら縁側でお茶飲もうね」だった。
私はそれを、ふんふん、と聴くのが常だった。それ以上に何と応えられたろう。もしかしたら一年後彼女はこの世界にいないかもしれないという恐怖を感じながら、私に一体何を、応えられたというだろう。

2013年8月28日水曜日

彼女の肖像vol.3~顔のない女 01


このブログで何度か紹介している彼女は、性犯罪被害者となってから癌、サルコイドーシス、線維筋痛症、慢性疲労症候群等の病気を患いながら、今を生きている。
この写真たちは2012年の夏に撮影したもので、この頃彼女はだいぶ脚が不自由になってきていた。自力で歩くことが難しくなり、常に杖を使用していた。
また、もともと持病をもっていたお母様の具合が悪くなり始めた頃でもあり、その看病で彼女の心身は疲れきってもいた。